ロト6とジャンボ宝くじを徹底比較

ミニロト・ロト6予想番号検証ソフトLOND
1円で購入することが出来るロト6の攻略・検証ソフト。 ミニロトにも使うことが出来て、なんと送料無料!本当に1円だけの支払いで購入することができました。 管理人も購入済み。

>>管理人が使用検証したレヴューはこちら


ロト6当選

ロト6で3等連続当選を目指せ!「LOTO-PRO」

ロト6当選

ロト6で3等連続当選を狙うソフト「ロトコレ」

ロト6当選

【毎月3等当選を目指せ!】ロト6で3等連続当選!LOTO-GO

ロト6当選

ロト6で2等当選を狙うソフト「LOTO-ZEUS」

ロト6当選

ロト6で2億当選中のソフト「Grace」モニター募集中!

ロト6当選

Prominent LOTO 6ヶ月コース

ロト6とジャンボ宝くじを徹底比較!

ロト6とジャンボ宝くじはどちらを買う方がお得なのか?

 

どちらの方が当選しやすいのか?

 

みなさんの気になるところを解説していきます。

 

ロト6は43個の数字の中から重複しないように6個の数字を選ぶ宝くじです。

 

賞金は2億円。(キャリーオーバー時は4億円)

 

魅力的な当選金額ですが当選確率は1/609万と気の遠くなるような確率です。

 

当たりにくいからこそ配当金も高額ということですね。

 

しかし、年末ジャンボやサマージャンボなどに代表されるいわゆる”ジャンボ宝くじ”はというと、実はロト6と比較すると意外な面白い事実が見えてきます。

 

ジャンボ宝くじも毎年のように当選金額は大きくなってきていますが、ロト6の当選金額と同じ当選金額の2億円の頃、2002年の年末ジャンボと比較します。

 

年末ジャンボの発売枚数は約7億2000万枚。

 

このうち1等の2億円が72本。

 

当選確率は1/1000万ということになります。

 

ここでわかるのはロト6の方が年末ジャンボよりも断然当選しやすいということです。

 

もう少し掘り下げて書いていきますと、ジャンボ宝くじは1枚300円、ロト6は1枚(1口)200円です。

 

もし予算が3万円だとするとジャンボ宝くじでは100口、ロト6では150口購入できるということになります。

 

この3万円分を購入したとして考えた場合、それぞれの確率を比較してみると

 

年末ジャンボは 100口/1000万=1/10万 の当選確率。

 

ロト6は 150口/609万=1/4万 の当選確率。

 

ということになります。

 

このように比較してみるとどちらがお得であるかはいうまでもないわけですが、ただロト6の欠点としていえば、必ず当選金額が2億円ではないということです。

 

平均的な1等の賞金額は1億3千万円程度になっています。

 

しかし、キャリーオーバー時は年末ジャンボの前後賞を合わせた当選金額の3億円を超える当選金額を手にすることも可能なわけです。

 

しかも、年末ジャンボの当選確率よりも倍近い当選確率で狙うことができるわけです。

 

このように考えるとロト6が素晴らしい宝くじである事が理解できるのではないでしょうか。。

 

いつでも好きな時に購入できて人生を変えるほどの一攫千金が狙える宝くじはロト6しかありません。。

 

 

 

 

 

スポンサー広告


ミニ ナンバーズ3 ロト7